じゅんの鰤釣り鯛!鱸釣れ鱒?

釣り天国の東北を飛び回る「じゅん」のブログ~釣りのブログのはずなんですが、釣った話が少ない…(笑)食べ物,温泉,マンガ,映画,音楽etc~2014年から二馬力ゴムボートはじめました~2015年から子供と安全に楽しく釣りが出来る、管理釣り場・エリアトラウトフィッシングにハマっています~

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
エリアトラウト用クランクをスローで巻いていると、

くわえているのにフッキングせず放されてしまうことがあります。

それを硬めのロッドで掛けに行くか、柔らか目のロッドで違和感を少なくして

ちょっとでも長い時間くわえさせておくか。



ルアーが見えているなら硬めで掛けもありかもしれませんが、

あの一瞬に反応するのは至難の技



手持ちロッドも硬めばかりなので、クランク用に柔らか目のロッドがほしいところ。

ただ柔らかいのではなく、クランク用で検索すると

スワンドライブとかプレッソAGS 62XULがいいみたい。

でも、高い(ToT)

           自重  先径  元径   ルアー   ライン   カーボン含有率
SD5802XUL  -    -     -     0.6~3g 2~4lb  -
SD6202XUL  -    -     -     0.8~5g 2~5lb  -
AGS62XUL  70g 1.2mm 6.4mm 0.6~4g 1.5~3lb 97%

手が出しやすい価格だと、

エリアドライブARD-60-TやカーディフAX S60XUL-RGやエリアバム60UL-G。

ARD-60-T  71g   -     -     0.6~3g  1~3lb  -
S60XUL-RG 77g 1.6mm 7.2mm 0.4~3.5g 1~3lb  23%
60UL-G    95g 1.5mm 6.4mm 0.6~3g  1.5~3lb 86%

クランク用と明記しているのは、案外少ない気がします。

まして、近くの釣具屋には全くありません。

S60XUL-RGのほうが評価は高いが、グラスロッドのべろんべろん感ってのが苦手で・・・

カーボン比率がやや高めで、「如何に魚に違和感を感じさせずに、

長い間ルアーを咥えさせるか」をテーマにしているAGS 62XULと同じコンセプトの

エリアバム60UL-Gにしました!

170208_01.jpg

ティップが柔らかいというわけではなく、ベリーが柔らかいという印象です。

ULならべろんべろん感はないだろうと思いましたが、

ダイワのULのバットってこんなもんなのか?というくらいしなやかさです。

べろんべろんでなく、ぷるんぷるん?

カーボン比率が高いのと、小さな軽量ガイドだからかな。



リールをつけて、手持ちロッドと比較。

170208_02.jpg
60UL-G/S60SUL-FF/SSS-64Si/S604ULS/S60UL/ERGS-46UL

グリップ長さは、いい感じです。

170208_03.jpg
ERGS-46UL/S60UL/S604ULS/SSS-64Si/S60SUL-FF/ 60UL-G

ですが手持ちリールと相性が悪く、根元までしまりません。

170208_04.jpg

おかけで人差し指でのブランクタッチが、ほんのちょっと届きません!

Dのマークも隠れちゃう(>_<)

写真ではきっちりしまっているものもあるので、リール種類か番手か?

グリップでの感度が良ければいいのですが・・・



60UL-G・S60SUL-FF・SSS-64Siを並べ、荷重を掛けてみました。

170208_10.jpg
0g

170208_11.jpg
10g、下60UL-G 中S60SUL-FF 上SSS-64Si

170208_12.jpg
20g

170208_13.jpg
30gでS60SUL-FFのティップが入って、張りのあるベリーがききだします。

170208_14.jpg
40g

170208_15.jpg
50g

170208_16.jpg
60g

170208_17.jpg
70g、60UL-G はスムーズにしなっていきます。

170208_18.jpg
80g

170208_19.jpg
90g

170208_20.jpg
100g

うまい具合に、パワー差が60UL-G < 60SUL-FF < SSS-64Siの順になりました。



使い分けは

表層~中層のクランク用に柔めのスローテーパー

60UL-G    95g 1.5mm 6.4mm 0.6~3g 1.5~3lb

軽めのスプーン用に柔めのファーストテーパー

S60SUL-FF 68g 0.8mm 6.2mm 0.5~3.5g 1~3lb

重めのスプーン・ディープクランク用にハリのあるスローテーパー

SSS-64Si   71g   -    -    1~6g  1~3lb

ボトム用にベリーから結構なハリのある超ファーストテーパー

S604ULS   66g 0.8mm 8.7mm 0.3~6g 1~3lb/0.1~0.4号

ミノーイング用にティップは柔めのファーストテーパー

NX S60UL  89g 1.4mm 7.5mm 1~9g 2~8lb

そして、子供用

ERGS-46UL 73g   -    -    0.8~3.5g 1.5~4lb



あとは、リールとラインの組み合わせをどうするか?
スポンサーサイト
毎晩、釣具屋のブログをチェックするのが日課になったこの頃。

その甲斐あって、ココニョロのショップオリジナルカラー「デジャヴ」をゲット♪

170207.jpg

ついでにココニョロとイーリヤ0.8gを補充。

そして、なぶクラF・ノアJr.1.4g・ハビィ2.4gを買って戦力補強です。



ようやくバイブ系に着手です。

硬めのソアレBBアジングS604ULSなら、バイブ系もいけるんじゃないかと?

さて、あと足りない系統はなんだろう?
オオツカでココニョロのオリカラが発売されたと思ったら、

数時間で売り切れた・・・

またしても買えんかった(ToT)
管理釣り場のトラウトルアーフィッシングを始めて一年が経ちました。

最初の頃は記録をとってないので完全なデータではないですが、

釣行22回でトータル27時間15分、釣果116匹、時速4匹。

ヒットルアーは

ドーナ1g 7匹
ドーナ2g 4匹
MIU2.2g 8匹
PAL1.6g 1匹
チェイサー1.2g 1匹
ノア1.8g 1匹
エグザ0.9g 5匹
エグザ1.2g 2匹
ザンム35MRF 11匹
ミディアムクラピー 9匹
ディープクラピー 6匹
シケイダーHF 6匹
シケイダー 1匹
バービーF 1匹
ミッツSRドライ 4匹
パニクラDRF 1匹
ココニョロ 3匹
DDパニッシュエリア65F 5匹
ザッガー50F1 1匹
ザッガー65SS 7匹
ザッガーB1half 6匹
ブラストイットミノー66F 1匹
ブラストイットミノー66ボトムリッター 1匹

スプーン系22匹、ボトム系7匹、クランク系42匹、ミノー系21匹となりました。

クランク系が多く、スプーン系が案外少なかったですね。



6月

7月

8月



自分の仕事が忙しかったのと、妻が4月から仕事復帰し

次男を保育園に預けたら病気をもらってくるくる!

6月7月8月と、三ヶ月も釣りに行けなかった(>_<)

その間ルアーを補充。

160830_1.jpg

160830_5.jpg

プラグでは、シャインライドを集めてみました。

160830_2.jpg

160830_3.jpg

160830_4.jpg

そして、とくにスプーンを見直しこんな打順に。

まずは主力2g前後。

ドーナ2g
ノア1.8g
MIU2.2g

を軸に深め・早目なら

ロールスイマー2.2g
ハイバースト2.4g
MIU3.5g

浅目・遅めなら

アイスフェイク1.6g
エイエン1.4g
ハイバースト1.3g

それでダメなら、1g以下のマイクロスプーン。

ドーナ1g
リベロ0.9g
ルシフェル0.7g
ピット0.6g

という感じ。

ボトム系はエグザ0.9gがルールに引っかかるならペンタ0.7g1.3g。

形が変わった系でスリムスイマー3.5g5gというところですが、

思いどおりいくかは?(>_<)
ロッドが一本増えたので、バケットマウスBM7000にロッドスタンドを追加しました。

160506_1.jpg

BM230を片側三本だとリールがぶつかるので、真ん中をBM280にしてみました。

160506_2.jpg

それでもハンドルの位置によってはぶつかりますので、注意が必要です。

160506_3.jpg

リールの向きを変えると良さそうですが、

どちら側かハンドルと蓋がぶつかるので、6本はちょっとキツイかな?

160506_4.jpg
長男が上州屋のくじ引きをしたいというので、連れていくと・・・



残念、四等の100円引き券でした(>_<)

でも、「その券で、自分専用のロッドがほしい!」と(笑)

100円では買えませんが、嬉しいことを言うじゃないですか♪

やっぱり子供に、父の6fクラスのロッドは長すぎるもんね。

昔のロッドと言えど、UFMウエダを息子に使わせるのはハラハラ・ドキドキしてたしね。



ん~子供用、子供用・・・

キョロキョロ・・・

ポチポチ・・・

う~ん、選択肢がないね(-_-;)



そんな中、廃盤モデルの

エゲリア エリアパフォーマンス ERGS-46UL〈Kids Model〉

が処分セールで安かった。

160502_1.jpg

古い規格でも、スペック的には十分過ぎるはず?

        自重 先径 元径  ルアー  ライン

ERGS-46UL 73g  -   -   0.8~3.5g 1.5~4lb

届いたロッド長さは子供にいい感じですが、ゴツくて硬めのロッドでした。

源流域に使えるんじゃ?と思わせるくらい。

合わせるリールはおさがりで節約、小さめな04ステラ1000Sにナイロン4lb0.8号。

子供には、ちょうどいいはず?






そして、自分用にカーディフAX S60SUL-FF。

160502_2.jpg

ようやくエリアロッドを手に入れました♪

繊細なティップでもバットパワーは欲しかったので、

「ハイパワーX」で強化されたカーディフAXにしてみました。

ユーランド清水川も岩姫フィッシングも、大型魚が多いからね。

思ったよりも柔めでしたが、綺麗なカーブを描いてくれるファーストテーパーですね。

160502_3.jpg
ERGS-46UL・S60SUL-FF・SSS-64Si・S604ULS・NX S60UL

グリップは、カーディフAXが一番しっくりくるね。

160502_4.jpg
NX S60UL・S604ULS・SSS-64Si・S60SUL-FF・ERGS-46UL

エゲリア、ゴツイは(笑)






これで、軽めのスプーン用に柔めのファーストテーパー

        自重 先径  元径  ルアー  ライン

S60SUL-FF 68g 0.8mm 6.2mm  0.5~3.5g 1~3lb

重めのスプーン・クランク用にスローテーパー

SSS-64Si  71g   -   -     1~6g   1~3lb

ボトム用にベリーから結構なハリのある超ファーストテーパー

S604ULS   66g 0.8mm 8.7mm 0.3~6g 1~3lb/0.1~0.4号

ミノーイング用にティップは柔めのファーストテーパー

NX S60UL  89g 1.4mm 7.5mm   1~9g  2~8lb

それぞれの用途に一本づつ、揃えたつもり。

そして、子供用

ERGS-46UL 73g  -   -     0.8~3.5g 1.5~4lb



さて、GW。

親子そろって、エリア専用ロッドに入魂出来るのか?
ゴールデンウィークに向けて、釣具屋のセールのお知らせがたくさん届いた!

今なら安いよね~と、ポチポチしてみたり(>_<)

160421_1.jpg

今だから安いんだよね~と、ふらふら行ってみたり(>_<)

160421_2.jpg

また、今しか安くないんだよね~と、ポチポチしてみたり(>_<)

160421_3.jpg

そしたらワレットに収まらなくなって、またポチポチしてみたり(>_<)

160421_4.jpg

160421_5.jpg
年末年始のセールに煽られて、ガッツリ補強しました!

貯めたポイントも、ヘソクリもすっからかんです(>_<)



新規としてはブラストイットミノーの50シンキング・66F・66ボトムリッター・

メガララ77ボトムリッター、HMKLシャッド65SRFエリアバージョンなど。

なんたってミノーイングロッドが決まりましたからね。

160108_1.jpg

あとはへの字系を補強しようと、バービーF、ココニョロインジェクション。

160108_2.jpg

底用に使えるとかでペンタ1.3g。

レギュレーションに長さ制限があったりしますから、エグザと違うボトム用にと。

160108_3.jpg

そして八戸の釣具屋おすすめのクランク、モカDR2フックSS。

波動の弱いクランクだけど、スレにくいらしい?

160108_4.jpg



そして、バケットマウスBM7000とロッドスタンド♪

160108_5.jpg

エリア用のルアーも道具も増えてきたのもあるし、

移動時にバッカンタイプのショルダーベルトの使いづらさといったら・・・

イスとしても、ルアーテーブルとしても、これなら(^^)b

160108_6.jpg

タックルを4セットにしたいので、ロッドスタンドを230と280で高さを変え、

さらに穴径35・45と変えることでちょっとした角度の差で竿先・ラインが干渉しないはず?

160108_7.jpg
いままで手持ちのトラウト・バスロッドをリールやラインを組み換え

エリアミノーイングにチャレンジしてみましたが、しっくりきませんでした。

いろいろな動画やネット情報をみると、ティップは柔らかく

ベリーからバットは張りのあるファーストテーパーのロッドがいいようだとわかりました。

といってもエリアのトラウトなので、バスロッドのファーストテーパーでは硬すぎるようです。



今一番評価されているエリアミノーイングロッドはM.A.TのMFM-601でしょう。

鞭のようにしなるティップとしっかりしたベリーからバット!とのこと。

次はガレージスティックでしょうか?

いくつかあるみたいですが、やはり柔らかいティップらしい?

そう、らしい?というくらいこの二種は入手困難なロッド。

なんたって店のオリジナルロッドですし、しかも高額!



そうなると、エリア用の硬めかネイティブ用か

バスロッドを使っている人が多いと思います。

ただねぇ、エリアロッドの情報の少ないこと・・・

メーカーHPに載ってないんだもんな~



少ない情報の中で大物狙いだと、天龍・レイズのジャーキングモデルが高い評価でしょうか?

さわってみたRZ56Lを自分が表現するなら

「鞭のようにしなるティップ」としますね。

ただ、柔らかい部分が3:7~4:6まではいかないくらいとちょっと柔目かなと。

ちなみにシルバークリークは張りのある2:8くらいでしょうか。



この中間がほしい!



盛岡市内の釣具屋四軒のトラウトロッドを全部振ってみました(>_<)

その中で気になったのが、シマノのカーディフNXです。

カタログには「昨今のヘビーウェイト主体の釣りに向け、

ティップをソフトにしベリーに張りを持たせた新調子を全アイテムに採用。

特にスピニング2ピースモデルとベイトモデルに「ソフチューブトップ」を搭載し、

ヘビーシンキングミノーをはじめとする様々なルアーの操作性とノリの良さを実現しました。

・・・さらに、全アイテム「ハイパワーX」を全身に纏い、

ネジレのない高精度キャストと強さを兼備しました。」とあります。

触れたS50L(2~9g)は、ハッキリとしたファーストテーパー。

S54UL(1~7g)は、やや鞭のようにしなるロッド。

渓流メインなら、こっちかな。

でもロッド長さや、将来的に7g程度の大きいリップのルアーを使いたくなること、

狙いはビッグサイズトラウトだということを考えると・・・



で、カタログスペックだけで買っちゃいました“ カーディフNX S60UL”(>_<)

151218_1.jpg

ルアーウエイトが1~9g、ラインが2~8lb(PE0.2~0.8号)。

「渓流域から中流域までを視野に入れたミノーイングロッド。

ソフトティップにハードなベリーを合わせることで、

軽量ミノーをティップで操作する繊細な釣りから、

7cmクラスのヘビーシンキングミノーまで扱える汎用性を発揮します。

また、ネジレに強いハイパワーXを全身に採用することで、

ティップのブレの少ないシャープなフィーリングです。

40cmクラスのトラウトも余裕で獲ることが出来る

ULとは思えないほどのバットパワーを持っています。」とあるように、

これなら渓流のヘビーシンキング用とエリアミノーイング用の兼用にいいかと。



ん、渓流に6fは長くね?とも思ったんですが、

考えてみたら、たまに行く松川は川幅15m前後。

ロングキャストが必要な川でした。



UL柔くね?とも思ったんですが、

届いたロッドはティップが鞭のようにしなるロッドではありませんが、

2:8くらいのファーストテーパーでベリーから十分パワーがありました。

L表示でいいんじゃ・・・と、思うくらいです。

ま、実際にミノーイングしてみて魚をかけてみないとわかりませんが、

いまからわくわくしますね!

151218_2.jpg
TSS-68Ti・SSS-64Si ・NX S60UL

グリップはちょっと短いです。

151218_3.jpg
NX S60UL・SSS-64Si・TSS-68Ti

最近のガイドは違いますね。

リングがちょっと小さいかな。

チタンが欲しかったけど、財布事情によりステンになりましたが

張りがあるのでべろんべろん感はないです。



「張りのあるベリーでルアーを強く動かし、

ときにはソフトなティップで柔らかく誘い、

食った瞬間ティップがスッと入り弾かない!」

をできるかな~

雪が積もる前、除雪仕事が入る前に試しに行きたーい!
7/5(日)

つどいの森には、イワナの釣り堀もありました♪

竿とエサ込みで100円、1匹300円で買い取りという設定。

150706_2.jpg

エサを与えてないのか、入れ食いです!

子供は大喜びですが、釣れすぎ注意です(>_<)

150706_1.jpg

妻が「300円…600円…900円…もうやめて!!」と叫んでいました(>_<)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。